めぐりの葉酸

めぐりの葉酸は公式サイトで初回82%OFF

めぐりの葉酸は公式サイトで初回82%OFF。お試しキャンペーン・30日間返金保証だから安心ですね。



なんと82%OFF!

公式サイトはこちら

↓ ↓ ↓

https://www.yousan.jp/

葉酸って妊活中じゃなくても必要?

日本での葉酸に対する意識は海外に比べると非常に低いです。
最近では芸能人が葉酸を紹介するなど徐々に認知され始めていますが、海外ではすでに広く認知されています。

葉酸に対するイメージは「妊活」中の女性が摂取するものだと思っている人が多いようですが、実際には男女関係なく体のリズムを整えるのに欠かせないビタミンなのです。特に女性は体のリズムが崩れやすく、貧血に悩む人が多いです。葉酸は貧血などの鉄分を補う効果があり、血液をサラサラにしてくれます。日常生活でのつらい体の悩みは鉄分不足が原因のことが多いです。鉄分を補うには実は葉酸がとても適しています。

貧血

貧血の原因は鉄分の不足といわれていますが、

貧血=鉄分不足ではないのです。

鉄分と葉酸はとても似た働きをもっていて鉄分・葉酸、どちらも赤血球を作り出す働きがあります。
鉄分だけ摂取しても貧血が改善しにくい人は「葉酸」の摂取ができていない可能性が考えられるんです。

鉄分と葉酸の関係が深い貧血は

「鉄欠乏性貧血」と「巨赤芽球性貧血」です


鉄欠乏性貧血・・・「鉄」が不足して起こる貧血
巨赤芽球性貧血・・・「葉酸」が不足して起こる貧血



「貧血かな?」と思ったときは、まずは鉄分のサプリから摂取


摂取を続けていても症状が改善されない場合は
葉酸不足による貧血の可能性があります。
そのときは葉酸のサプリをオススメします。


病院で血液検査などを行ってもらうのがいちばん良いと思いますが、軽い貧血症状だとなかなか病院へはいきづらいですよね。


サプリメントなら気軽に体質改善できると思いますよ。

妊活

葉酸(ビタミンB9)とは水溶性ビタミンB郡の一種で「赤ちゃんのためのビタミン」と呼ばれています。
流産を防止する効果もあり妊活中だけでなく懐妊できる年齢になったら意識的に摂取するべき栄養素といわれています。
厚生労働省も推奨しており、母子手帳には葉酸の重要性が書かれています。

ただし、葉酸の過剰摂取には注意が必要です。
食欲不振、吐気、むくみ、不眠症などの症状が過剰摂取の症状です。適度に摂ることが大切です。

葉酸を含む食物には以下のものがあります:
ほうれんそう、イチゴ、納豆、アスパラガス、マンゴー、ブロッコリー、モロヘイヤ、うなぎ、レバー
実際に体に有効に働くのは半分の50%のみと言うことです。
また葉酸を摂る必要がある妊娠初期はつわりの時期でもあるので、
食事だけから十分な量の葉酸を摂ることは非常に難しいと言えるでしょう。

葉酸を「正しい量」「簡単に」摂るにはサプリメントを利用する人が増えています。

日常生活の改善で

●美容や健康の為に意識して食べたい!葉酸を多く含む食べ物

鶏レバー※
うなぎの肝※
ウニ
パセリ
酒粕
日本茶
焼きのり

※妊娠中は過剰摂取注意
レバーやうなぎの肝は脂溶性ビタミンであるビタミンAやビタミンDを多く含んでいます。
脂溶性ビタミンは体内に蓄積しやすく『過剰摂取』を続けることにより、胎児の奇形リスク(水頭症や口蓋裂等)を高める場合があります。


●葉酸を多く含む食品でも妊娠中に控えたい食べ物

・脂溶性ビタミン:レバーやうなぎの肝など
胎児の奇形リスク(水頭症や口蓋裂等)を高める場合があります。

・リステリア菌:明太子や、すじこなど魚卵
『流産』や『早産』の危険性が高まる恐れがあります。

・アピオール:パセリやセロリ
中絶目的で使用されている成分であり、妊娠中には控えたほうが良いです。

・カフェイン:コーヒーや緑茶
母体に必要な鉄分やカルシウムを阻害するだけでなく、赤ちゃんの発育障害リスクが高まる恐れがあります。


●妊娠中に摂取したい安全な葉酸を多く含む食べ物

枝豆
モロヘイヤ
ブロッコリー
芽キャベツ
ほうれん草
菜の花
水菜
アスパラガス
イチゴ
納豆


食事だけから十分な量の葉酸を摂ることは非常に難しいと言えるでしょう。
サプリメントなどで確実に簡単に摂ることをオススメします。

 

サイトマップ